ピコレーザー 50代 肝斑

ピコレーザーは50代の肝斑を治療することができます

肝斑

 

ピコレーザーなら50代でも使える!

 

ピコレーザーは医療レーザーの一種であり、一般的な医療レーザーと比べると低出力であることが特徴です。
通常のレーザーは高出力であるため、50代の肝斑を治療することは難しいですが、ピコレーザーは低出力ですので50代の肝斑を治療することが可能です。

 

50代の肝斑は薬物治療やイオン導入が主な治療法になりますが、効果を実感できるまでには半年以上かかります。
ピコレーザーによる美容治療は治療期間が短く、比較的早く効果を実感することができます。

 

それと同時に肌の若返りの効果も期待でき、たるみが目立ってきた50代の肌にハリが蘇ります。
肌にハリが出てくる理由は、ピコレーザーによる刺激で皮膚のコラーゲンの生成が促進するためです。

 

肝斑だけではなく様々な肌トラブルに効果的!!

 

ピコレーザーによる美容治療は肝斑だけでなく、肌のくすみや毛穴の開き、シミの治療にも使用することができます。

 

レーザーを照射するだけですので、美容治療が初めての方でも安心して治療が受けられます。

 

ただし、日焼けをしている方や色黒の方は治療できない場合があるため、カウンセリングの際に医師と相談することが必要です。

 

アトピー性皮膚炎の治療中の方や蕁麻疹やアレルギー症状が出やすい方も治療が受けられない場合があります。